うちにいた外猫。うりちゃんより3つくらい年下の男の子。
ちょっと臆病だったけど
弱いものにはやさしい、とっても強い子だった。
クロって呼ぶとすぐゴロンしてたね。
いっぱいいた外猫みんないなくなってクロだけが一人生きぬいていた。
冬の寒さ、夏の暑さ、ケガとか病気にも耐えてきた。
やがて10年が経ち、
いつもひとりぼっちのクロのもとに、ちび猫2匹がやって来た。
よそ者の猫なのに、めんどうを見ていたクロ。
そんなある日、野良猫が突然襲いに来た。
クロは縄張りを、子猫を守って戦い、それが致命傷になってしまった。
クロいつもひとりなのに大丈夫かとか寂しくないかとか思ってたけど、
クロはクロなりに毎日いろんなことやって、考えて生きてたんだね。
クロは本当にすごい子だったよ。
ずっと家にいてくれてありがとう。
クロはすぐ怖がってたけど、私はクロが大好きだったよ。
今もこれからもずっと一緒だよ。