しかし、この日からウリオは帰って来なくなった。部屋にも侵入するようになってきたのに。どこか親切な人の家で幸せに暮らすようになったと思うことにする。