2003年10月26日ころに家の庭にひょっこり現れた迷い猫。ちっちゃくて、白くてふわふわで、とっても人懐っこく、人の言葉が理解できる賢い猫ちゃんだった。飼い猫であることは一目瞭然だったので2-3日様子を見てから、とりあえず動物病院にもって行った。先生に診てもらったら歯が半分以上抜け落ちてしまっているし、かなり高齢な女の子ということだった。とりあえず、どこからか連絡ありかもしれないので動物病院で預かってもらい、その3日後に運良く、飼い主さんが見つかったという知らせが届いて、一安心。