« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月27日 (火)

12/22(土)SAMBE & CHONTO 音楽x水墨画コラボライブ

Wwwyokohamakamome 12/22(土)横浜;関内にあるKAMOME live mattersというJAZZのお店で、saxなどのミュージシャンたちとコラボレーションライブを行います。私と主催のサンベさんのほかに、Tony Guppy(steelpan)や能見誠さん(ウッドベース)など、その世界では名を馳せてる方々も参加します。関内の馬車道という横浜らしい風情もある場所なので、近くには美味しいお店もあります。お昼に観光がてら、ぜひ、見にいらしてくださいね!
■出演◆ブロンズ・サンベ(ts) ◆CHONTO(水墨画) ◆Tony Guppy(steelpan) ◆島末幸子(pf) ◆能見誠(b) ◆諏訪有香(d)

■開演13:30 (開場;13:00) 
■場所;KAMOME live matters

【ブロンズ・サンベ プロフィール】 2007年、「世界で一番聴きたいミュージック優秀楽曲賞」を受賞しCDデビュー。自身のアルバム9作品をリリース。主な活躍は以下の通り。@TOWER.JPベストセラーチャートJ-Jazz部門1位、Jazz部門5位。イギリスのPLAY.com(UK)にて、Jazzチャート3位、総合チャート62位を記録。アメリカの大手携帯電話サイトSprint(USA)とMetroPCS(USA)にて、Jazz新譜チャート1位を達成。2012年6月リリースの9thアルバムBrilliant Cutsでは、meteLi.net(フィンランド)Jazz/Blues-Top50アルバム・チャートで1位を、収録曲DawnChorusでシングル・チャート1位を達成。また、アルバム・チャートでは、同時に5作品がTop10に、7作品がTop50入りを、シングル・チャートでは同時に5曲がTop50入りを記録。2012年11月10thアルバムBesides the Christmas Songsをリリース。米国iTune新譜JazzTOP100チャートにて、初登場10位となる。

【渡邊ちょんとプロフィール】イラストレーター。西さがみ神奈川県観光協会ポスター、JR西日本ファッションカンタータポスター、京都府警官募集ポスター、新聞小説挿絵(鈴木英治著「わが槍に捧ぐ」学芸通信社/地方新聞各社)、書籍装丁画(米村圭伍著「道草ハヤテ」「山彦ハヤテ」.新潮社 &「青葉耀く」上下巻.幻冬舎、佐草一優著「古事記外伝スサノオ物語」;八重垣神社)、連載小説挿絵(葉室麟著「霧雨 廣瀬淡窓日録」文蔵;PHP、海道龍一朗著;真田幸村連戦記「華は散れども」青春と読書;集英社、豊島ミホ著「廃墟の女王」週間アスキー)、動画PV用水墨画(三菱重工、三菱自動車、東京ガス)、情報誌扉絵(PHP、VISA、東京都公立学校共済組合情報誌)、 社内報表紙絵(大成ロテック(株))、TV番組用挿絵(フジテレビ「ペケポン」)など広告、書籍、雑誌、TVなどを中心に活躍中。水墨画を小林東雲氏に師事。台日文化交流書芸大展台湾国立中正紀念堂収蔵(2008)、亜細亜太平洋水墨画公募展審査員特別賞(2006)など受賞多数。日本工学院八王子専門学校非常勤講師('08~12)。岩手大学大学院農学研究科獣医学専攻修了。順天堂大学医学部衛生学教室助手を経て、2000年より現職に専念。神奈川県出身、在住。

 

|

2012年11月10日 (土)

福島正則 捕虜 賤ヶ岳 戦国武将 可児才蔵

賤ヶ岳の戦い。羽柴秀吉の大返し。松明を持って陣に向かう/余呉湖の東岸に達した柴田勝家軍。
賤ヶ岳の戦い

福島正則
戦場にて、才蔵が福島正則と遭遇。若輩ながらもかなりの槍の使い手。
竹中半兵衛からの一の谷兜を着用。
一の谷兜
才蔵は味方の劣勢を悟り、あっさりと福島正則に捕らえられる。

|

2012年11月 7日 (水)

時代小説 装丁画 江戸時代 僧 奴 侍 

小説「道草ハヤテ」米村圭伍著の装丁画と挿絵3点
詳細はこちら 米村圭伍著/新潮文庫時代は江戸時代。折笠(おりがさ)藩の若藩主・三代川正春(みよかわまさはる)を救けて、身分違いの親友となった元・野生児のハヤテ。今度は正春の弟、イケメン僧侶の徳念と、江戸から一路ふるさと折笠藩へ。二人の珍道中の痛快劇です!時代小説 装丁画 道草ハヤテ 僧 奴 

僧 男 江戸 墨絵 水墨画僧 男 江戸 小説 挿絵 墨絵 水墨画

|

2012年11月 2日 (金)

馬 戦国武将 可児才蔵 賤ヶ岳の戦

愛馬が戻った。戦国武将 馬 墨絵 水墨画
戦国武将の馬 墨絵 水墨画

馬 イラスト 墨絵 水墨画

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »