« SAMBE & CHONTO 音楽x水墨画コラボレーション | トップページ | 「青葉耀く 敬恩館風雲録」の装丁と挿絵 »

2012年6月24日 (日)

可児才蔵

連載小説「わが槍を捧ぐ」(鈴木英治著;学芸通信社)が福島新聞、神奈川新聞など地方新聞にて開始されました。その挿絵を担当させていただいてます。槍の使い手で名をはせた戦国武将、可児才蔵(かにさいぞう)が主人公の時代小説です。魅力あふれる物語を水墨画を用いてその時代に生きた彼らを生き生きと描いていきたいと思ってます。宜しくお願いいたします!!

|

« SAMBE & CHONTO 音楽x水墨画コラボレーション | トップページ | 「青葉耀く 敬恩館風雲録」の装丁と挿絵 »